ビューティーオープナー成分から見た副作用の可能性について

コラーゲンが作られるのをサポートする注目の卵殻膜エキスが配合されたビューティーオープナーですが、肌への刺激となる成分は入っていないのでしょうか。

 

肌状態が悪化するような危険な成分は配合されていないかを、調べてみました。

 

 

ビューティーオープナーに危険な成分は入っていない?

 

ビューティーオープナーは、卵殻膜エキスをはじめヒアルロン酸やスクワラン、バラエキス、カンゾウ根エキスなどの年齢肌に嬉しい成分で作られています。

 

 

天然由来にこだわった肌にやさしい美容液

 

配合された成分は全てではないですが、極力天然由来にこだわった肌にやさしい美容液となっています。

 

合成香料の代わりにレモングラス油やローズマリー油など3種の精油が配合されていますよ。

 

また抗炎症、抗酸化作用のあるカンゾウ根エキスやバラエキスなど、肌トラブルへアプローチしてくれるサポート成分も充実です。

 

 

肌への刺激となる5つの成分は無添加!

 

長く愛用したいスキンケア化粧品なので、すぐに副作用が起こらなくても長く使うと何かしらのトラブルが起こる可能性がある成分が入っているのは不安ですね。

 

合成香料や合成着色料、アルコールや鉱物油などの、スキンケア化粧品には良く配合されている5つの成分が無添加に。

 

ほかのコスメでかぶれてしまったり肌状態が悪化した人でもビューティーオープナーなら安心して使えそうですね。

 

 

ビューティーオープナーで気になる成分

 

5つの無添加で、低刺激にもこだわっているビューティーオープナーですが全て安心の成分というわけではありません。

 

ビューティーオープナーで気になる成分を挙げてみますね。

 

  • ペンチレングリコール
  • BG
  • ニオイテンジクアオイ油
  • オレイン酸ポリグリセリル-10

 

ペンチレングリコールとBGは保湿作用や抗菌作用があり、防腐剤不使用のスキンケア化粧品に良く配合されている成分です。

 

どちらも低刺激の成分だけど、稀にかゆみやかぶれなどが現れるケースも。

 

ニオイテンジクアオイ油はゼラニウムから抽出される精油で、抗菌作用や皮脂バランスを整えてくれる働きがあります。

 

天然由来成分ですが、敏感肌の人には少し刺激のある成分です。

 

オレイン酸ポリグリセリル-10は植物由来の界面活性剤で、化粧品の使い心地を良くしてくれる成分ですが、これも敏感肌の人には刺激となるケースがあります。

 

 

ビューティーオープナーを使って副作用が起こる可能性は?

 

ビューティーオープナーは、極力肌への刺激となる成分が排除された肌へのやさしさにもこだわった美容液です。

 

副作用などの報告はありませんが、かぶれたりヒリヒリしたという声はあります。

 

中には吹き出物やニキビができたという人も。

 

しかしビューティーオープナーで肌質が改善されて、ニキビや吹き出物ができなくなったという人もたくさんいますよ。

 

 

状態が良くない肌にはつけないで!

 

ビューティーオープナーを使って副作用が起こったり肌状態が悪化する可能性は低いと考えられますが、肌質やその時のコンディションによっては悪化することもあるでしょう。

 

もちろん、肌のかぶれやかゆみがある場所には使わないでくださいね。

 

敏感肌やアトピー肌で不安な人は、事前に二の腕などの目立たないところでパッチテストをしてから使ってくださいね。

 

 

ビューティーオープナーは、肌への刺激が少ない成分で作られた肌にやさしい美容液です。

 

しかし、気になる成分も少し入っているので心配な人はパッチテストをしてから使うようにしましょう。